応援ムービーはこちら応援ムービーはこちら

大切な人に伝えておきたいこと

リビングウィル

誰にでも最期のときはやってきます。その場所や状況、過程は人によってさまざまです。

がんが進行した状況では、あなた自身の考えをきちんと周りの人に伝えることが難しくなる場合があります。

「もし自分がこんな状況に置かれたら、こうして欲しい」など、判断能力があるうちに、あらかじめ周りの人に伝えておくこと(リビングウィル)は重要です。そのようなことを考えるのは、つらいですし、簡単なことではありません。
しかし、そうしなければ、あなた自身、悔いが残ることがあるかもしれませんし、ご家族など、あなたの大切な人たちも「これがあなたが望んでいたことだろうか」、「十分にあなたを支えられていただろうか」など、不安に思うかもしれません。

全ての人に全てのことを伝える必要はありません。
あなた自身の口頭でも、紙に書いてでも構いません。あなたが信頼できる人に、あなたのやり方で、「もしものときの希望」を伝えておくとよいでしょう。