応援ムービーはこちら応援ムービーはこちら

生活にはどのような影響があるの?

実際に治療を始めると、お薬の副作用などによって、生活にさまざまな影響がでてくることがあります。

もし、あなたが働いている場合、「これからも仕事を続けられるのか」という心配もあるかと思います。治療を受けたり、ご家族の生活を支えていくために、仕事について考えておくことも大切になります。

がんの治療費は治療法やお薬によって異なりますが、高額になることが多いのが現状です。高額な治療費に対するさまざまな支援制度もありますので、担当医、または全国のがん診療連携拠点病院などに設置されているがんに関する相談窓口「がん相談支援センター」のスタッフなどに相談してみてはいかがでしょうか。

病状は維持される場合もあれば、進行する場合もあります。将来、思うように動けなくなったときのことを事前に考えておくことも必要と考えられます。

以上のように、病気(治療を含める)と生活は密接な関係にあります。そのため、あなた自身の今の病状、またこれから予想されることを把握し、今後の生活にどのような影響がでてくるのかを事前に考えておくことはとても大切です。

また、冒頭でもお話ししたように、転移・再発乳がん患者さんの目標は「質の高い生活をより長く送ること」です。生活環境や経済面を整備することは、この目標を達成するための重要な要素と考えられます。