応援ムービーはこちら応援ムービーはこちら

こころの変化とどう向き合えばいいの?

転移・再発乳がんを告知されたとき、不安を感じ、落ち込んだかもしれません。
それは誰にでも起こりうる自然な感情です。ただ、これからもあなたらしく生きていくためには、現実と向き合い、少しずつ今の状況を受け入れていくことも大切になります。

まず、あなた自身の心と向き合い、心が今どのような状態にあるのかを整理することから始めてみましょう。そして、あなたの素直な気持ちを、ご家族や医療関係者など、周りの人たちに遠慮せず伝えてみてください。自分の悩みを誰かに話すだけでも気持ちが落ち着くことがあります。このようにして心のつらさを取り除くことは、あなたの生活の質(QOL)だけでなく、がんの治療(体のケア)に前向きに取り組むことにもつながります。

つらいときは一人で抱え込まず、周りの人たちに助けを求めましょう。あなたをサポートしてくれるのはご家族や担当医だけではありません。看護師や薬剤師、緩和ケア医、そして心のケアの専門家(精神腫瘍医、臨床心理士 など)など、さまざまな分野の専門家の力を借りることが大切です。

あなたの心の状態について、いつ、誰に、何を、どのように伝えればよいのか、迷うことがあると思います。気持ちが落ち着いてきたらで構わないので、紙に書くなどして、あらかじめ相談したい内容を整理しておくとよいでしょう。実際に誰かに相談するときは、必ずしも詳細に伝える必要はありません。あなたが相談したい相手に伝えたいことを、あなたのペースで話してみてください。