応援ムービーはこちら応援ムービーはこちら

遠隔転移と症状

乳がんが転移しやすい部位として、骨、肺、肝臓、脳などが知られています。遠隔転移がある場合、それぞれの転移部位に応じてさまざまな症状があらわれることがあります。
ただし、遠隔転移があっても、自覚症状(あなた自身で気づく症状)がない場合もあり、症状のあらわれ方は患者さんによってさまざまです。

転移しやすい部位の図