応援ムービーはこちら応援ムービーはこちら

放射線療法

放射線療法は、高エネルギーの放射線を当てることでがん細胞を少なくする治療法です。
転移・再発乳がんでは、がんを消失させるためというよりも、骨転移による痛みを和らげるために行うのが一般的です。ただし、脳に転移した場合は放射線療法で患部の縮小・消失を目標とし、生活の質(QOL)の維持をはかります。

目標とする部位や状態によって、放射線を当てる量や回数、あらわれる副作用は異なります。骨転移の場合、1回で終わることもあれば、数回に分けて数日間かけて行うこともあります。多くの場合外来で行うことが可能ですが、同時に化学療法を受けている場合は入院が必要になることもあります。