応援ムービーはこちら応援ムービーはこちら

緩和ケア

緩和ケアとは?

治療を進めていく中で、痛みやだるさなど身体的なつらさだけでなく、落ち込んだり、不安で眠れなかったり、といった精神的なつらさを感じることがあるかもしれません。このような体と心、さらに日常生活面まで含めた患者さんの苦痛を和らげるための治療を「緩和ケア」といいます。

緩和ケアを受けることで、がんによるさまざまな苦痛を和らげると同時に、食事や排泄、入浴、着替えといった日常生活を普通に送れるようになることが期待できます。その結果、がんそのものに対する治療にも前向きに取り組むことができるようになると考えられます。緩和ケアはがん治療が患者さんにとって優しい治療になるよう補完する大切なケアといえるでしょう。

緩和ケアは、従来がんが進行したときや終末期の患者さんを対象に、緩和ケア病棟やホスピスで行われていました。しかし、現在では緩和ケアチームによるケアを行う医療機関が増え、一般の病院でもがんの進行度合いにかかわらずがんが見つかったときから、また治療中でも必要に応じて緩和ケアに取り組むようになりました。さらに、緩和ケア外来を設置している医療機関では、通院でケアを受けることも可能になっています。
また、病状や居住環境にもよりますが、入院や通院以外に、ご自宅で「在宅医療」、「訪問看護」として緩和ケアを受けることもできます。